• 印刷する

電動スケーターのシェア始動、乗り捨て可能

ゴーグリーンの電動キックスケーターシェアサービスの魅力を語るジャッキー・チェンさん(左)=19日、シンガポール湾岸部(NNA撮影)

ゴーグリーンの電動キックスケーターシェアサービスの魅力を語るジャッキー・チェンさん(左)=19日、シンガポール湾岸部(NNA撮影)

セグウェイ(電動立ち乗り二輪車)のシンガポール販売代理店ゴーグリーン・ホールディングスは19日、同国で電動キックスケーターのシェアサービスを開始すると発表した。好きな場所で乗り捨てできるドックレス式のサービスは国内で初という。今年7~9月期に本格始動する。

シェアサービスの名称は「ゴーグリーン・パワード・バイ・セグウェイ」。2015年に米セグウェイを買収した中国・北京の納恩博(ナインボット)の「ナインボット・バイ・セグウェイ・キックスクーター(ES2)」を使用する。

同日行われたサービス発表記念イベントでは、ゴーグリーンの株主でもある香港出身の世界的なアクション俳優ジャッキー・チェンさんが登場。ゴーグリーンの電動キックスケーターのシェアサービスは「環境に優しいだけでなく、旅行者にとっても新たなシンガポールの魅力を発見する良いきっかけになる」と魅力をアピールした。

ゴーグリーンは08年からシンガポールでセグウェイ製品の販売を手掛けてきた。現在は、ナインボット―セグウェイ・グループ製の個人用移動機器(PMDs)のレンタルサービスも提供している。


関連国・地域: 中国シンガポール米国
関連業種: 運輸IT・通信小売り・卸売りサービス観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

産学連携で5G研究施設を開所 シングテル、ドローンなど検証(01/18)

グーグル、オフィス拡張へ物件賃貸借交渉(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

柔軟な働き方提供する企業、18年に上昇(01/18)

EAEUとの貿易協定、今年半ばまでに締結(01/18)

野村不動産、東京不動産と資本提携(01/18)

訪日シンガポール人、18年は過去最高更新(01/18)

NETS、屋台向けに同日清算サービス導入(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン