• 印刷する

台湾の如興、ジーンズ2工場の新設計画

台湾のジーンズ世界最大手、如興(ルーシン)は、最大の生産拠点としているカンボジアで2工場の新設を計画している。台湾の中央通信社などが伝えた。

陳仕修董事長(会長)が明らかにした。如興は既にカンボジアに大小21工場を構えているが、新たに首都プノンペンの工業団地と国道2号線沿いに、それぞれ生産ライン20本規模の新工場を設ける。一方、2020年にはプノンペンにある小規模工場を段階的に閉鎖する。

同社のジーンズ生産量は、全世界で年間9,300万本。カンボジアのほか、ミャンマー、タンザニアで生産拡充を進めている。ミャンマーでは第2工場が3月に完成し、今月から一部の生産ラインが操業を開始した。


関連国・地域: 台湾ミャンマーカンボジアアフリカ
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

貿易救済法の活用ゼロ 施行1年弱、費用・認識が不足(09/20)

国際協力銀、時計ナカザワに20万ドル融資(09/20)

政府・企業が賛同、米商議所の制裁再考要請(09/20)

アパレル申洲国際、工場新設を計画(09/20)

19年適用の最低賃金、3者協議を再開(09/20)

【予定】20日 東京ゲームショウ2018ほか(09/20)

農業省、政策実行強化を呼び掛け(09/20)

【訃報】鳥羽雄一氏(元日本カーボン社長)ほか(09/20)

中銀、金融教育強化へ米ビザと提携延長(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン