• 印刷する

台湾の如興、ジーンズ2工場の新設計画

台湾のジーンズ世界最大手、如興(ルーシン)は、最大の生産拠点としているカンボジアで2工場の新設を計画している。台湾の中央通信社などが伝えた。

陳仕修董事長(会長)が明らかにした。如興は既にカンボジアに大小21工場を構えているが、新たに首都プノンペンの工業団地と国道2号線沿いに、それぞれ生産ライン20本規模の新工場を設ける。一方、2020年にはプノンペンにある小規模工場を段階的に閉鎖する。

同社のジーンズ生産量は、全世界で年間9,300万本。カンボジアのほか、ミャンマー、タンザニアで生産拡充を進めている。ミャンマーでは第2工場が3月に完成し、今月から一部の生産ラインが操業を開始した。


関連国・地域: 台湾ミャンマーカンボジアアフリカ
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本政府、防災対策拠点の整備支援(03/22)

地方の上水道拡張を受注 クボタ工建など、日本が資金援助(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

EU視察団が訪問、関税優遇措置を協議(03/22)

政府、トルコに電力供給船の借用打診(03/22)

LOLCの社債発行、月内にも認可=証券委(03/22)

リエル使用増も10%止まり、米ドル根強く(03/22)

税務調査の遡及年限、最長3年に(03/22)

登記手続きの一括処理、財務経済省が検討(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン