縫製協会、労働者保護強化の法改正に難色

カンボジア縫製業協会(GMAC)は17日、労働者保護と退職金に関する労働法第89条の改正を検討している労働省に対し、再考を求める声明を出した。労働者寄りの見直しで、経営者側に負担が大きいとの見方を示している。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。 第89条の改正内容…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

国内初の建材量販店開業 タイ系グローバル、1万点陳列(11/19)

ポル・ポト元幹部に終身刑、大虐殺で(11/19)

下院議会、19年度予算案を可決(11/19)

北部のセサンダム、来月に本格稼働(11/19)

解党から1年、救国党「民主主義奪還を」(11/19)

配車グラブ、企業向け交通費管理事業(11/19)

政府役職に300人超、専門家「予算の無駄」(11/19)

紙おむつの泰昇、19年末までに新ライン5本増設(11/19)

韓国ASEAN首脳会談、文大統領が提案(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン