• 印刷する

テイクオフ:10数年前に治療した歯…

10数年前に治療した歯が、再び問題を起こした。セカンドならぬマルチオピニオンを検討した結果、ある華人系女性歯科医の治療を選択した。

その歯科医は「治療方針の説明以外は話さないよ」といった雰囲気を持つ。プラモデルを組み立てるようなテキパキとした手つきで治療は進んだ。

お礼を言って去ろうとした時、治療室の片隅にマハティール首相の写真が載る新聞が見えた。止血ガーゼを噛んだまま「せふせい、まほてえるしゅそーにふぁ、またずぃふんのあがあふんですぉふか(先生、マハティール首相には、まだ自分の歯があるんでしょうか)」。発言を何とか理解した歯科医は、「当然よ!92歳には見えないでしょ。歯も若いわ。」「あなたの歯もマレーシアのように生まれ変わるの」など、別人のようによくしゃべった。政権交代が国民にもたらした高揚感を、ガーゼを噛みしめながら実感した。(北)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新政権100日、無難な滑り出し 大型事業見直しは成長の下押し圧力(08/17)

首相の支持率71%、政権100日で民間調査(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

新政権100日の評価は「D」=野党(08/17)

地場アイリス、キャッシュレス自販機を駅に(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

RM=27.0円、$=4.10RM(16日)(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

7月の新車販売、前年同月比41%増(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン