• 印刷する

首都圏に大型商業施設16軒、21年までに開業

インドネシア・ショッピングセンター経営者協会(APPBI)のステファヌス会長は、米系不動産会社のデータを引用し、ジャカルタ首都圏で2021年までに16軒のショッピングセンターがオープンする計画があると述べた。消費者の購買力低迷が指摘される中でも、ショッピングモール運営事業の先行きは十分明るいと強調したが、消費者の関心をいかに引きつけるかが重要と説明した。18日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

ステファヌス会長は、ジャカルタで営業するショッピングセンターだけをみても、1年前から売り上げの伸びに格差が生じていると指摘。来客数が2桁伸びた店もあれば、逆に、5割も減った店もあると付け加えた。客足が伸びている店舗は、消費者の関心を呼ぶイベントを開催したり、人気のテナントを誘致したりしている。反対に、客足が減っている店は、消費者にとって満足度の高いショッピング体験を提供できていないと説明した。

米系不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナル・インドネシアによると、ジャカルタ首都圏では年内に3軒、21年までに16軒のショッピングセンターが開業を予定する。うち6軒が首都ジャカルタで営業する。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末のジャカルタでは、…(11/19)

政策パッケージ第16弾発表 税優遇・投資規制の緩和に重点(11/19)

韓国政府、インドネシアなどとFTA推進(11/19)

アジアクエスト、三菱系ITセンターを支援(11/19)

エフコード、BCAにウェブ接客ツール導入(11/19)

19年の州最低賃金、33州で決定(11/19)

9月の対外債務、前年同月比4.2%増に減速(11/19)

ダイハツ小売り台数、1~10月は16万台(11/19)

五菱、独立機関による衝突試験の評価に反論(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン