シンガポール航空、通期利益7年ぶり高水準

シンガポール航空(SIA)が17日発表した2018年3月期連結決算は、純利益が8億9,290万Sドル(約738億円)となり、前期の3億6,040万Sドルから2.5倍に増加した。旅客、貨物の両部門が好調で収益を押し上げ、11年以来7年ぶりの高水準に達した。前期は、貨物部門SIAカーゴが…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:普段はあまりジャンクフ…(04/25)

デジタル人材の育成に注力 金融職種、3分の1代替で(04/25)

1~4月のFDI、81%増の146億ドル(04/25)

農産物商社オラム、アフリカの製粉会社買収へ(04/25)

音楽配信スペースシャワー、地場企業に出資(04/25)

不動産パシフィック、アルミ建材事業を売却(04/25)

三菱地所、チャイナタウンの商業物件取得へ(04/25)

西部に鉄道試験センター、関連インフラ整備へ(04/25)

フレイザーズ、シンガの自動化企業に出資(04/25)

STエンジ、米軍から砕氷船を2千億円で受注(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン