499元の販促で残業、13県市が労基法違反認定

通信各社が月額499台湾元(約1,840円)の第4世代(4G)移動通信システムの使い放題プランによる販促キャンペーンを展開し、中華電信の直営店や特約店に多くの申込者が押し寄せて従業員が大幅な残業を強いられた件で、既に罰則が下された台北市のほか12県市が実施した労働検査で…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

日台の工作機械にAD調査、商務省が開始(12:03)

人民元建て預金残高、4カ月連続プラス成長(12:10)

テイクオフ:僕は静かな物を見るため…(10/16)

民進党は15、国民党は12目標 地方首長選、決起集会で双方が気勢(10/16)

台湾二輪キムコがインド参入 地場と提携、3年で56億円を投資(10/16)

鴻海、米国で大規模な人材募集開始(10/16)

アジャイル、台湾に初の海外法人(10/16)

産業用PC各社、台湾生産強化へ(10/16)

クアルコム、台湾5G官民連盟に参画(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン