17日指数は反落、受動部品がブレーキ

17日の台湾株式市場で加権指数は反落。終値は前日比63.76ポイント(0.59%)下落し10,833.81ポイント、売買代金は1,323億4,900万台湾元(約4,890億円)だった。 17日の集中市場は、このところ製品の需給ひっ迫を材料に活発な売買が行われている受動部品株が一斉に下落し、投資家心…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新北市淡水区の淡江大学…(07/24)

米KKRが化学大手の栄化買収 478億元、台湾石化業界で最大級(07/24)

6月のスマホ販売が13%減、再び50万台切る(07/24)

モバイルデータ使用量、台湾は世界2位(07/24)

NEC、7―11無人店に顔認証システム提供(07/24)

台湾の彰化銀行、マニラ支店を開業(07/24)

華新科技、私募引き受け先に太陽誘電の観測(07/24)

電動バイク各社、サービス拠点設置を強化(07/24)

高級陶磁器の法藍瓷、バイオ医薬に進出(07/24)

健康器具の喬山、ベトナムに工場建設へ(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン