中部の搭乗率80%目標、ティーウェイ就航

【共同】韓国の格安航空会社(LCC)ティーウェイ航空の朴済晩日本地域本部長は17日、中部空港で記者会見し、今月31日に新規就航する中部―ソウル(仁川)線の1年目の搭乗率について「80%を目標に頑張る」と述べた。 朴氏は「韓国企業は費用節減のため積極的にLCCを利用し…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国は世界最高峰のeス…(04/25)

サムスンがLSIに大型投資 30年までに13兆円、メモリー鈍化で(04/25)

1~4月のFDI、81%増の146億ドル(04/25)

5Gインフラに13兆W、SKTが投資(04/25)

国民感情に配慮、中国は韓進買収目指さず(04/25)

CJとハンファ、無人売り場拡大で協力(04/25)

洗える繊維型トランジスタ、KISTが開発(04/25)

三菱地所、チャイナタウンの商業物件取得へ(04/25)

韓国企業が加盟、VRMコンソーシアム(04/25)

ローグ納品は年末まで延長、ルノーサムスン(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン