1~3月の投資申請、化学が8割占める

タイ投資委員会(BOI)がまとめた2018年第1四半期(1~3月)の投資統計で、新規申請は前年比3.7倍の2,036億3,000万バーツ(約7,010億円)だった。業種別で「化学・プラスチック・紙」が全体の79%を占めた。海外からの直接投資(FDI、外資比率10%以上の案件)の新規申…

関連国・地域: タイシンガポール日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコク市内での移動は…(10/24)

【運輸・宅配】物流の新興企業、各地で実績 トラックの最適化で非効率を打破(10/24)

9月輸出19カ月ぶり減、貿易摩擦で減速見込(10/24)

ウェッジ子会社、自動三輪車に金融サービス(10/24)

CLPとタイワ精機が新型精米機を共同開発(10/24)

建設工事TECの持株会社、MAI上場へ(10/24)

接着剤シーリク、ラベル製造2社の買収計画(10/24)

1~9月の二輪登録台数、2%減の137万台(10/24)

スバル、ラクラバンの新工場が来年完成(10/24)

メトロパシ、インドネ高速道に22.5億円投資(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン