• 印刷する

スタバ、22年秋までに6千店舗体制へ

米コーヒーチェーン大手スターバックスは16日、上海で開いたグローバル投資家交流会の席で、2022年9月末までに中国本土の店舗数を6,000店に増やす計画を発表した。向こう5年で、年平均600店舗を新規出店するとしている。22年9月期の期末決算では、本土の売上高を17年9月期の3倍以上に、営業利益を2倍以上にそれぞれ引き上げる目標も示した。

現在は中国本土内の141都市で約3,300店舗を展開している。22年9月末には1.8倍に増える計算だ。店舗展開先の都市も230都市に拡大する予定。

ケビン・ジョンソン社長兼最高経営責任者(CEO)は、中国におけるスターバックスのブランド力、事業の強さと勢い、中国事業経営陣のレベルの高さを根拠に、これらの目標達成に強い自信を表明した。

14年に中国本土で展開を始めた高級コーヒーを専門に提供する「スターバックスリザーブバー」は現在、150店舗以上に増えた。スターバックスは今秋までに200店舗に増やす計画だ。

スターバックスによれば、中国本土はデジタル決済化が非常に進んでおり、利用客の支払いの80%はキャッシュレスという。


関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

プラデルタ、アリババなどに事業用地販売か(12/14)

パキスタン、外資は利益拡大 首相顧問が日本で投資誘致(12/14)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

サービス業で高い採用意欲 本土客増で、不動産は慎重(12/14)

【改革開放40年】(1)開かれた扉 黎明期の日本企業と日本人(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

米中貿易戦争、「日台半導体メーカーに商機」(12/14)

外資系の香港拠点、日本が首位陥落(12/14)

商務省、米国車の関税など「近く公表」(12/14)

聯華電子が生産能力拡張、274億元投資(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン