財閥サンミゲル、LNG事業への投資を検討

フィリピンの財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)はこのほど、ロペス財閥系の発電大手ファースト・ジェンと提携し、バタンガス州で液化天然ガス(LNG)基地の建設に10億米ドル(約1,105億円)を投じる方向で検討していると明らかにした。17日付マニラスタンダードなどが…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:家電量販店で、商品のカ…(08/16)

スーパー大手、上期決算は明暗 税制改革で既存店売り上げ堅調(08/16)

国民IDのインフラ整備、アヤラ連合が提案(08/16)

6月の海外送金受取、4.5%減の23.6億ドル(08/16)

GTキャピタル、自動車販売不調で減収減益(08/16)

15日為替:$1=53.470ペソ(↓)(08/16)

韓国系半導体SFA、生産品目シフトで減益(08/16)

米BPO大手、首都圏ケソン市に新拠点開設(08/16)

海事産業庁、造船新興でJICA協力に期待(08/16)

アヤラ、ベトナムの太陽光発電の容量拡大(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン