• 印刷する

大祭前後、貨物トラックの通行規制を実施

インドシア運輸省は17日、今年のイスラム教の断食明け大祭(レバラン)期間の道路規制に関する相令『2018年第34号』を発表した。

高速道路9区間と国道4区間で、6月12日午前0時~15日午前0時と、22日午前0時~25日午前0時の期間、貨物輸送トラックの通行を禁止する。

相令は先月26日付で公布した。対象となるのは、積載量が14トン以上または3車軸以上の貨物輸送車、けん引車。鉱物、建材の輸送車も対象となる。石油燃料やガス、家畜、郵便物、現金、生活必需品、帰省者用の二輪車の輸送車は対象外。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

撮影スタジオ完備の教室開設 富士フイルムが世界初、首都に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊、現れる(10/19)

イオンフィナンシャル、配車アプリ四輪融資(10/19)

バンドン高速鉄道、工事進ちょく率は5%(10/19)

スラバヤ準高速鉄道、狭軌や三線軌条で合意(10/19)

TNG、インドネシア同業を買収(10/19)

ホンダ二輪、CBR150Rの新モデルを発表(10/19)

ダイハツ小売り販売、1~9月は7.8%増(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン