スターバックス、国内で20店舗開業を視野

米コーヒーチェーン大手スターバックスは、ミャンマー投資委員会(MIC)から600万米ドル(約6億6,000万円)の投資認可を取得した。全国で20店舗を展開する計画だ。MICの事務局である投資企業管理局(DICA)のタン・シン・ルウィン副局長が明らかにした。ミャンマー・タイムズ(電子版)が17日伝えた。

MICは12日、香港系企業による全額出資会社「コーヒーコンセプツ・ミャンマー」による国内でのスターバックス運営を正式に許可。コーヒーコンセプツ・ミャンマーは、2017年12月にDICAに企業登記していた。

ミャンマー・タイムズによると、スターバックスは、MICから国内で20店舗を開業するとの申請内容で認可を取得した。1号店は、最大都市ヤンゴン中心部の商業施設「スーレー・スクエア」で、9カ月後をめどに開く予定という。


関連国・地域: ミャンマー米国
関連業種: 食品・飲料商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

アユタヤ銀、ベトナム消費者金融の参入先送り(20:23)

独BASFが国内生産を開始 建設化学品事業の拡大見込む(05/21)

中国、ミャンマーに抗議=国境付近で3人死亡(05/21)

台湾の如興、ジーンズ2工場の新設計画(05/21)

17年度の日本との貿易額、前年度比5.4%減(05/21)

シュエダゴンパゴダの16年度収入、約72億円(05/21)

マンダレー市開発委、アート市場区画を計画(05/21)

ボルボ、ヤンゴンの新車登録制度遅延で影響(05/21)

IFC、小口金融KEBハナへの融資拡大へ(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン