• 印刷する

17年度の日本との貿易額、前年度比5.4%減

ミャンマー商業省によると、2017年(17年4月~18年3月)の日本との二国間貿易額は19億2,000万米ドル(約2,120億円)だった。前年度の約20億3,000万米ドルからは約5.4%減少した。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが16日伝えた。

内訳は輸出額が9億5,600万米ドルで、輸入額が9億6,500万米ドル。主な輸出品はコメ、大豆を含む豆類、ゴマ、ショウガ、果物などの農産品のほか、CMP(裁断・縫製・梱包)受託方式による縫製品など。一方、輸入品は、機械装置や縫製品の原材料、消費財、電動工具などだった。

11年度に8億2,200万米ドルだった二国間貿易額は年々増加し、14年度には23億米ドルを記録した。

17年度の日本からミャンマーへの直接投資額は、ミャンマー投資委員会(MIC)の認可が必要な分だけで約3億8,400万米ドル。このほか、日本企業45社以上が進出する最大都市ヤンゴン郊外のティラワ経済特区(SEZ)へも製造業を中心に堅調な投資が続いている。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【アジメシ】 ヤンゴンの中間層に人気のカフェ(03/21)

2月投資認可額は4.4億ドル 前月から横ばい、目標の3割に(03/20)

アパート法の早期成立、建設業協会が要請(03/20)

タイ・ミャンマー国境の第2友好橋が開通(03/20)

ウェーブマネー、MEB銀と年金支払い業務(03/20)

和平実現、想定より時間が必要=米大使(03/20)

縫製品のCMP輸出、3月までで45%増(03/20)

混合食用油の合法化を、業界団体が要望(03/20)

10~1月の対日貿易額、6億米ドル超(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン