• 印刷する

テイクオフ:ある夜、キャンベラの高…

ある夜、キャンベラの高速道路を走っている時に、男性が立って神妙な面持ちで両手を振っているのが急に見えて、スピードを落とした。

小さな子供(?)が倒れていたが、まだ救急車は到着していないらしい。かわいそうにとよく見ると、なんとスカートから尻尾が出ている。カンガルーだった。まだ生きているようで、事故に遭遇した人が服を掛けてあげていたらしい。確かにキャンベラにはカンガルーが多い。カンガルー保護の精神は、市民に浸透しているようだ。

ところで、キャンベラの姉妹都市は奈良だ。筆者はかつて奈良に住んでいた時期があるが、奈良の人は朝が早い。奈良の動物と言えば鹿だが、昔、家の前に鹿が死んでいると、何故助けなかったのかと興福寺からとがめられたので早起きになったと言われている。こちらも動物愛護の精神と言えるかもしれない。(南儀)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅から40分ほど車を…(08/17)

豪7月失業率、6年来で最低 フルタイム雇用拡大が貢献(08/17)

豪政府事業の入札、納税記録の提出義務付け(08/17)

新エネ政策、支持保留の州政府間で意見分裂(08/17)

英BP、豪で太陽光発電やEV充電事業計画(08/17)

SA州に太陽光発電所、リバティ会長が計画(08/17)

豪資源の自動化、30年までに実現=日立建機(08/17)

〔ポッサムのつぶやき〕巨大動物の化石を3Dに、BHPが協力(08/17)

VIC労働党、豪最大の公共交通開発を公約(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン