政府、5000億ルピア未満投資への優遇案策定

インドネシア政府は16日、投資額が5,000億ルピア(約39億円)未満で、先に公布した財務相令『2018年第35号』で定めたタックスホリデー(法人税一時免税措置)の付与要件を満たさない企業を対象にした優遇税制案を取りまとめた。同日付ジャカルタ・ポスト(電子版)が伝えた。 投資…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アジア大会で5G体験サービス、KT(18:05)

小売りヘロー、非食品販売の売上高が27%増(17:38)

国営石油、石化TPPI親会社の筆頭株主に(17:27)

パプア州分離独立派が攻撃、将校ら2人死亡(17:05)

テイクオフ:18日に待望のジャカル…(08/20)

教育と人材育成への優先配分 予算案、歳出入とも過去最大に(08/20)

EUとのFTA交渉、豪の自動車税廃止検討(08/20)

三菱自、MPV「エクスパンダー」を発売(08/20)

ロンボク島でM6.3、1人軽傷 津波なし(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン