エムケーカシヤマ製造現法、生産能力を拡大

ブレーキ部品を製造するエムケーカシヤマ(長野県佐久市)のインドネシア製造子会社MKプリマ・インドネシアは、2019年をめどに、車両用ディスクブレーキパッドの生産能力を1カ月当たり50万セットまで引き上げる。東ジャワ州グレシクの工場の生産ラインを増強、それにかかる設備投資費は約3億円と試算している。

グレシク工場では、ディスクブレーキパッドやブレーキシューなどを生産している。第1工場の生産拡大が限界に達したことから、昨年1月に第2工場を稼働。ディスクブレーキパッドの生産設備を第2工場へ移管した。

同社関係者によると、生産ラインを増設するのは、第2工場。現在の月産能力は35万セットで、これを年内に40万セット、来年には50万セットまで拡大する計画だ。

ディスクブレーキパッドは、インドネシア国内には合弁販社を通じて生産量全体の約2割を販売している。残りの8割は日本やロシア、欧米、東南アジアに輸出。生産能力の拡大に伴い、輸出先の新規開拓や、現在の輸出先もさらに輸出を拡大する。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車製造一般

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:遊びに来ると言っていた…(05/23)

四輪生産、1~4月44.6万台 同期の輸出台数は一転して3%増(05/23)

国内最大オートショー、37ブランドが出展(05/23)

医療法人の偕行会、医療観光客の誘致強化(05/23)

南スマトラ州パレンバンのLRTが試運転(05/23)

西ジャワ州の新国際空港、24日に供用開始(05/23)

高速道路5区間、年内に入札実施へ(05/23)

支援船シロ・マリタイム、新船調達に63億円(05/23)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(317)(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン