政策金利1.5%で据え置き、24会合連続

タイ中央銀行(BOT)は16日、金融政策委員会(MPC)の会合を開き、政策金利(翌日物レポ金利)を1.50%に据え置くことを決めた。金利の据え置きは24会合連続。 中銀は、国際経済の成長による輸出や観光がけん引してタイ経済は引き続き拡大傾向にあると分析。また雇用が改善…

関連国・地域: タイ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:路上に並ぶ顔、顔、顔―…(03/21)

【ポスト軍政】選挙後に交渉残すEEC開発 高速鉄道は未決着、見直しの声も(03/21)

【EV化に挑む】産業集積化の勝機 公共車両が鍵に、業界団体会長(03/21)

過去4年の投資認可額8兆円、54%がEEC(03/21)

車部品フォーチュン、インド工場が本格稼働(03/21)

ホンダ、セダン「アコード」の新型発表(03/21)

タイ日産、4月1日付で新社長が就任(03/21)

家具各社が生産拠点分散、米中リスク回避で(03/21)

建設プレビルト、不動産開発の事業比35%へ(03/21)

エニーマインド、VGIなどから資金調達(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン