政策金利1.5%で据え置き、24会合連続

タイ中央銀行(BOT)は16日、金融政策委員会(MPC)の会合を開き、政策金利(翌日物レポ金利)を1.50%に据え置くことを決めた。金利の据え置きは24会合連続。 中銀は、国際経済の成長による輸出や観光がけん引してタイ経済は引き続き拡大傾向にあると分析。また雇用が改善…

関連国・地域: タイ
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

農業・協同組合銀、6月から職業訓練実施へ(18:54)

テイクオフ:雨が多くなるこの時期、…(05/23)

サービスアパートの供給復調 9年ぶり高水準、日本人需要高く(05/23)

小口金融HKL、タイ格付け機関がBBB+(05/23)

4月の輸出12%増、工業製品・農産物が好調(05/23)

GSユアサ、ティラワに輸入・卸販売拠点(05/23)

トヨタ、ミレニアル向けショールーム開設(05/23)

矢崎など3社、求荷求車サービスを開始へ(05/23)

PPP優先事業、3件1.55兆円の承認求める(05/23)

バス業界が値上げ申請、軽油価格上昇で打撃(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン