株価続落、不動産CDLは2.1%安

16日のシンガポールの株式相場は続落。ST指数の終値は前日比7.18ポイント(0.20%)安の3,533.05。売買高は19億9,900万株、売買代金は14億2,000万Sドル(約1,165億円)だった。値上がり銘柄は162で、値下がりは257。 不動産銘柄が下げた。個別銘柄では、不動産開発大手シティー…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールは狭い国と…(10/15)

2回連続で金融引き締め実施 7~9月期GDPは2.6%増(10/15)

JR東日本、秋・鉄道テーマにした催し開催(10/15)

8月小売業売上高は0.4%下落、自動車が不振(10/15)

11月妥結へ「大詰め段階」、RCEP閣僚会合(10/15)

東南アの越境投資顧問容易に、まずは4カ国(10/15)

米長官がASEAN会合へ、中国意識し関与強調(10/15)

世界最長路線が再開、シンガポール―NY間(10/15)

欧州ABB、イノベーションセンターを開設(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン