• 印刷する

関西みらい系2銀行、地場商銀と業務提携

関西みらいフィナンシャルグループの関西アーバン銀行(大阪市)とみなと銀行(兵庫県神戸市)は16日、フィリピンのユチェンコ系リサール商業銀行(RCBC)との間で、顧客の海外事業展開の支援を目的とした業務提携を締結したと発表した。同グループでは、近畿大阪銀行(大阪市)も2013年9月に同様の業務提携を結んでいる。

両行は、RCBCとフィリピンの市場情報や経済・投資環境などについて情報交換を進めるほか、◇両行の顧客間でのビジネスマッチング◇スタンドバイ信用状(L/C)を活用した資金調達のサポート◇現地での口座開設サポート◇会計および税務関連の現地専門家の紹介――などで協力する。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

戦略的な産業に優遇付与 貿易産業省などが東京で講演(01/18)

三菱商事、アヤラへの出資比率6.6%に低下(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

ATM代替アプリ、2年で取引額20億円超に(01/18)

17日為替:$1=52.410ペソ(↓)(01/18)

IBMが技術教育課程開設、東南ア2カ国目(01/18)

中国OPPO、新ブランドでシェア拡大へ(01/18)

官民で海事人材を強化へ、大統領令受け(01/18)

港湾大手、三井E&Sの環境型クレーン導入(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン