関西みらい系2銀行、地場商銀と業務提携

関西みらいフィナンシャルグループの関西アーバン銀行(大阪市)とみなと銀行(兵庫県神戸市)は16日、フィリピンのユチェンコ系リサール商業銀行(RCBC)との間で、顧客の海外事業展開の支援を目的とした業務提携を締結したと発表した。同グループでは、近畿大阪銀行(大阪市)も2013年9月に同様の業務提携を結んでいる。

両行は、RCBCとフィリピンの市場情報や経済・投資環境などについて情報交換を進めるほか、◇両行の顧客間でのビジネスマッチング◇スタンドバイ信用状(L/C)を活用した資金調達のサポート◇現地での口座開設サポート◇会計および税務関連の現地専門家の紹介――などで協力する。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

預金準備率を18%に引き下げ、6月1日から(05/25)

JGサミット、今年の資本支出を8割増へ(05/25)

米ディボールド、新型ATMを来月投入(05/25)

税制改革第2弾で大量失業 労組が懸念表明、審議は難航か(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

世界人材ランク50位に低下、ここ10年で最低(05/25)

企業の半数が経済犯罪を経験、PwC調査(05/25)

三菱自が名門大と覚書、産学官でEV振興(05/25)

24日為替:$1=52.550ペソ(↓)(05/25)

首都LRT1号線、カビテ延伸を10月着工(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン