• 印刷する

関西みらい系2銀行、地場商銀と業務提携

関西みらいフィナンシャルグループの関西アーバン銀行(大阪市)とみなと銀行(兵庫県神戸市)は16日、フィリピンのユチェンコ系リサール商業銀行(RCBC)との間で、顧客の海外事業展開の支援を目的とした業務提携を締結したと発表した。同グループでは、近畿大阪銀行(大阪市)も2013年9月に同様の業務提携を結んでいる。

両行は、RCBCとフィリピンの市場情報や経済・投資環境などについて情報交換を進めるほか、◇両行の顧客間でのビジネスマッチング◇スタンドバイ信用状(L/C)を活用した資金調達のサポート◇現地での口座開設サポート◇会計および税務関連の現地専門家の紹介――などで協力する。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

比中企業、マカティ市地下鉄の事業者に決定(11:41)

テイクオフ:フィリピンにもハロウィ…(10/24)

PEZA優遇維持へ、長官がロビー活動継続(10/24)

財政赤字、1~9月は前年比78%増(10/24)

23日為替:$1=53.815ペソ(↓)(10/24)

EC拡大受けアヤラが合弁で物流会社(10/24)

ダバオ空港など開発、運輸省が2社に優先権(10/24)

メトロパシ、インドネ高速道に22.5億円投資(10/24)

配車グラブ、安全向上へ投資を倍増(10/24)

サンロケ水力発電所、サンミゲルが増強検討(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン