テイクオフ:「待つ」という行為が苦…

「待つ」という行為が苦手で、日常生活での「時短探し」が癖になっている。最近の大きかった収穫は、バンコクのドンムアン空港のタクシーの待ち時間。国内線のタクシー乗り場で100人程待っていたのに加え、配車アプリでも運転手が見つからず、5分かけて国際線のタクシー乗り場に向かってみた。すると驚くことに誰一人おらず、全く待たずにタクシーに乗ることができた。

ほかにも、商業施設でトイレが混み合っている時は1フロア移動してみたり、昼食時間を30分前後させたりするだけで、混雑時とは別世界のような快適さを発見できる。自分の勘が当たった時の達成感は格別だ。

「デジタル化」への関心が急速に高まるタイだが、こうした問題も次第に解決される時がくるのだろうか。それは有り難いことだが、自分の頭で考える機会が減ってしまうような気もしている。(志)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

世界競争力、タイは3ランク下落の30位(05/25)

車部品、1~3月は5%増 市場回復もメーカーで明暗(05/25)

4月の新車販売、25%増の7.9万台(05/25)

4月の新車販売(表)(05/25)

建築展示会が開幕、来場者4500人見込む(05/25)

PTT、EVディーラー事業に関心(05/25)

TOTO、20年にウォシュレット生産へ(05/25)

ヤマト、小口保冷配送で国際規格取得(05/25)

配車オールタイ、VIP用にベンツ100台(05/25)

商業施設CPN、5年で3400億円投資へ(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン