EUは関税優遇を継続、商業相

カンボジアのパン・ソラサック商業相は、カンボジアが欧州連合(EU)に対し、武器以外の全品目を数量制限なしに無関税で輸出できるとした「EBA協定」に基づく関税優遇措置が、今後も継続されるとの見方を示した。華商日報(電子版)が伝えた。

EUのジョージ・エドガー駐カンボジア大使と「ヨーロッパ・デー」(EU創設記念日)のレセプションで意見交換した後、記者団に語った。同相は「EUは対カンボジア援助で最大のパートナーだ」とした上で、EBA協定に基づく関税優遇措置が、カンボジアの労働者70万人の雇用を支えているとの認識を示した。


関連国・地域: カンボジア欧州
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

スマートシティー構想に課題 基本計画なく、都市機能低下も(05/23)

小口金融HKL、タイ格付け機関がBBB+(05/23)

携帯メットフォン、高速4.5Gサービス開始(05/23)

北京の進出企業、商工会組織を発足(05/23)

連棟住宅の需要増、17年時点で計画500棟(05/23)

コメ貯蔵乾燥施設3カ所、7月に完工予定(05/23)

総選挙で16政党の登録認可、4党は審査延長(05/23)

不敬罪で2件目の逮捕、70歳の理髪師(05/23)

【カンボジア街歩き】3大問題に悩むプノンペン 第14回(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン