• 印刷する

4月のコンテナ取扱量、3カ月連続マイナス

香港海運港口局(HKMPB)によると、香港の4月のコンテナ取扱量は前年同月比9.3%減の163万2,000TEU(20フィートコンテナ換算)だった。3カ月連続のマイナスで、減少幅は前月から1.9ポイント拡大した。前月比では1.9%増。

主力の葵青コンテナターミナルは前年同月比7%減の128万2,000TEU。マイナスは3カ月連続となったが、減少幅は前月から3ポイント縮小した。その他港湾は16.7%減の35万TEUで、前月のプラスから2桁台のマイナスに転じた。

1~4月のコンテナ取扱量は前年同期比2.8%減の649万4,000TEU。減少幅は1~3月の0.3%減(修正値)から2.5ポイント拡大した。このうち葵青コンテナターミナルは3.1%減の508万1,000TEU、その他港湾は1.6%減の141万3,000TEUとなった。


関連国・地域: 香港
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今回はあそこの住宅棟か…(10/23)

大手の楽観傾向弱まる 4Q景況感、建設・製造業が悪化(10/23)

香港人の平均資産は24.5万米$、世界14位(10/23)

本土を目指す起業家、青年聯会が支援(10/23)

日系イベント情報(10月2回目)(10/23)

貿易戦が玩具企業に圧力、来年の受注減も(10/23)

香港エクス、香港―長崎線を来年1月就航へ(10/23)

大橋開通日の発表遅く、越境バスが準備不足(10/23)

アクサの自動車保険、大橋にも適用(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン