ラチャブリ、23年までに海外事業比率4割に

タイの発電会社ラチャブリ・エレクトリシティー・ジェネレーティング・ホールディングは、ラオスの水力発電事業を拡大して2023年までに海外事業比率を40%に引き上げる目標を打ち出した。16日付ポストトゥデーが報じた。 現在の海外事業比率は31%。タイ・ラオス第5次電力開発計…

関連国・地域: タイラオス
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

PPP委員会、オレンジライン西部区間承認(18:41)

JASアセット、チョンブリで商業施設開発(18:42)

不動産カントリー、20年にインター校開設へ(18:42)

テイクオフ:バンコクからカンボジア…(01/22)

中タイ高速鉄道、ラオス延伸へ19年入札も(01/22)

18年の輸出額は6.7%増 下期減速で目標未達、摩擦影響も(01/22)

18年の高層住宅戸数は4割増、土地局(01/22)

不動産LPN、社債発行で16物件立ち上げへ(01/22)

ドンムアン空港で今月末工事、航空便遅延も(01/22)

書店ナイイン、小包配送サービスに参入へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン