ラチャブリ、23年までに海外事業比率4割に

タイの発電会社ラチャブリ・エレクトリシティー・ジェネレーティング・ホールディングは、ラオスの水力発電事業を拡大して2023年までに海外事業比率を40%に引き上げる目標を打ち出した。16日付ポストトゥデーが報じた。 現在の海外事業比率は31%。タイ・ラオス第5次電力開発計…

関連国・地域: タイラオス
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:渋滞で停止した車のサイ…(05/24)

東急電鉄、首都で分譲950戸 サンシリとの合弁第2、第3弾(05/24)

4月の車輸出5%増、米州向けが拡大(05/24)

トヨタ、「C―HR」2万台販売の見通し(05/24)

Dウェル、首都3カ所で高級低層住宅を開発(05/24)

不動産オリジン、香港に販売事務所を開設(05/24)

グラブ、バイタク運転手の囲い込み強化(05/24)

主要6空港利用者、4月は9%増の1214万人(05/24)

タイ国際航空に新社長、1年以上不在(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン