ガルーダ航空、今年は貨物取扱量を7.5%増

インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空は、今年の目標貨物取扱量を前年比7.5%増の39万8,000トンに設定している。電子商取引(EC)市場の拡大が貨物事業の成長に寄与している。16日付インベストール・デーリーが伝えた。 ガルーダ航空の中ジャワ州スラカルタ(ソロ)支…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:雨期に入ってしばらくた…(12/20)

プラ袋規制の動き広まる 有料化や禁止、業界団体は異議も(12/20)

イオンディライト、地場清掃の株式取得完了(12/20)

三菱倉庫、倉庫保管と国内輸送のハラル取得(12/20)

アールシーソリューション、防災アプリ開発(12/20)

阪急阪神、プラザインドネシアと協力覚書(12/20)

輸出入の電子システム、1月から一斉運用(12/20)

エネ鉱省、来年の石炭生産量は9%増と試算(12/20)

B20供給規則に違反、11社へ罰金28億円(12/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン