ガルーダ航空、今年は貨物取扱量を7.5%増

インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空は、今年の目標貨物取扱量を前年比7.5%増の39万8,000トンに設定している。電子商取引(EC)市場の拡大が貨物事業の成長に寄与している。16日付インベストール・デーリーが伝えた。 ガルーダ航空の中ジャワ州スラカルタ(ソロ)支…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

米国、東南アジアに農産物輸出拡大目指す(07/20)

ガルーダ航空、ロンドン直行便の廃止を検討(07/20)

ユーロ4適合車向けにバイオ混合油改善を(07/20)

ハイアール、32%成長狙う ミドルハイ商品さらに強化(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

独系ボッシュ、二輪好調で今年も2桁増収(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

起亜、「グランドセドナ」新型モデルを発売(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

年内着工予定のチカラン内陸運河計画が頓挫(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン