化学・合繊は3社が最高益、市況高騰が寄与

【共同】化学・合繊大手6社の2018年3月期連結決算が15日、出そろった。純利益は三菱ケミカルホールディングス、旭化成、三井化学の3社で過去最高を更新した。今回から国際会計基準(IFRS)を導入した住友化学も大幅増益。化学品の市況が高騰し各社の利益を押し上げた。一方…

関連国・地域: 日本
関連業種: 化学


その他記事

すべての文頭を開く

【予定】16日 18年訪日外国人数ほか(01/16)

日立、台鉄から特急600両受注 1600億円、21年以降の新型車両に(01/16)

マツダの18年販売は37%増 6年ぶり7万台、今年も1割増へ(01/16)

JTBが在留邦人の市場開拓 5店舗目をマカティ市に開設(01/16)

【人事】丸紅社長に柿木真澄氏ほか(01/16)

18年M&A額が過去最高 1千億ドル突破、今年も動き活発(01/16)

トヨタとダイハツが新モデル 小型MPV、競争市場に投入へ(01/16)

TMI総合法律事務所がオフィス開設(01/16)

「また日本で働きたい」が9割超、比人調査(01/16)

サタパナ銀、クレジットカードの発行開始(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン