大手自動車が駆動系研究でタッグ、大学も連携

【共同】大手自動車や部品メーカーは15日、変速機など駆動系の基礎研究を行う技術研究組合を発足したと発表した。各地の大学とも連携し、電動化に伴う課題などに共同で取り組み、製品開発を加速させる狙いだ。 エンジンやモーターの動力を車両に伝える駆動系の技術は、車の燃費や…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

スズキ、販売好調で新モデル 成長市場で投資継続(10/16)

トヨタが環境車の専門組織、本格生産へ体制整備(10/16)

デンソーがソフト会社出資、制御技術を強化(10/16)

年内にダナモン子会社化実現 三菱UFJ銀の三毛頭取が会見(10/16)

居酒屋てっぺん、商業施設でFC1号店開業(10/16)

労使交渉の方法変更も、トヨタ労組が定期大会(10/16)

製薬協、タイと台湾の機関とコンソーシアム(10/16)

ヤフーIDの信用を数値化、購買データなど分析(10/16)

日系企業の不動産事業が活発=コリアーズ(10/16)

アジャイル、台湾に初の海外法人(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン