紫光集団、重慶にICチップのR&D拠点

北京市に本拠を置く清華大学系ハイテク企業の紫光集団は、46億元(約796億円)を投資し、重慶市両江新区に集積回路(IC)チップの研究開発(R&D)センターを建設する。人民日報系ニュースサイトの人民網が16日伝えた。 15日に市経済情報委員会、両江新区管理委員会と契約を結…

関連国・地域: 中国-重慶
関連業種: その他製造建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国民が求める改革を推進、習総書記が強調(09/21)

米中貿易戦争、比は年間47億円受益(09/21)

米レミットリー、送金シェア4割めざす(09/21)

涼茶の鴻福堂、中国の全店閉鎖で撤退(00:14)

テイクオフ:「偽札が1枚あったら全…(09/21)

中国各地から高鉄で香港へ 国慶節、乗車券売り切れ相次ぐ(09/21)

千代田インテが車載部品強化 電動化に対応、機能材に強み(09/21)

ラオス中国鉄道、雇用問題を解決=学会(09/21)

日本も「一帯一路」参画を 中国建設大手や外資海運が期待(09/21)

高鉄開通でキャセイに打撃、路線網に影響も(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン