HKMAが為替介入、約1カ月ぶり

香港金融管理局(HKMA)は15日夜、香港ドル買いを実施した。米ドルとのペッグ制(1米ドル=7.75~7.85HKドルの許容変動幅での連動相場制)の下限に当たる7.85HKドルに到達したためで、HKMAによる為替介入は先月19日以来26日ぶり。先月12日以降で14回目となった。16日付香…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ターンテーブルに着くと…(05/24)

下期に大型IPO相次ぐか 滴滴など3社が1兆円超調達へ(05/24)

反落、資源銘柄が重し=香港株式(05/24)

6月の新築供給5千戸超、近年最多か(05/24)

4月のオフィス賃料、過去2年で最大の伸び(05/24)

不動産オリジン、香港に販売事務所を開設(05/24)

本土の共用オフィスKr、香港進出へ(05/24)

香港の超富裕層数、世界第2位に(05/24)

中国理文造紙、バゴーに工場建設計画(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン