ヤンゴン、コンテナトラックの日中走行許可へ

ミャンマー最大都市を管轄するヤンゴン管区政府は、市内のコンテナトラックの日中走行を許可する方針を固めたもようだ。ミャンマー・タイムズ(電子版)が16日伝えた。

ミャンマー・コンテナトラック協会(MCTA)のソー・ナイン事務局長が15日に述べた。

計画では、輸出品のコンテナは、バインナウン通りにあるインセイン・スチール工場前のコンテナ倉庫に集められ、午前11時にヤンゴン西部の輸出港への輸送を開始する。一方、輸入品は、ヤンゴン港のアジア・ワールド埠頭近くの保管区域に集められ、午後1時に輸送を開始する。

渋滞の激しい市内を円滑に移動するため、交通警察がコンテナトラックを先導する。スケジュール等は管区政府、交通警察、MCTA、貿易業者が協議の上、決定した。1週間の試験期間を経て、本格始動させる予定という。

ヤンゴン市内でのコンテナトラックの日中走行は、2016年12月から禁止されていた。日中走行が可能になれば、ティラワ経済特区(SEZ)をはじめとするヤンゴン郊外の工業団地で製造された輸出品を、迅速に輸出港へ輸送できるだけでなく、輸入品の販売店や家庭への配達時間短縮も期待されている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

インド企業、カイン州で小型車組み立てへ(12:45)

4月の投資認可、4710万ドル 16年11月以降で初の1億ドル割れ(05/23)

国内初の信用情報機関、シンガ合弁に認可(05/23)

GSユアサ、ティラワに輸入・卸販売拠点(05/23)

アリババ、パキスタン企業買収で緬に進出(05/23)

韓国企業、スト起こした労働者を閉め出し(05/23)

ヤンゴン空港の国際線ターミナル、接続間近(05/23)

持続可能な成長プラン、各省庁から意見聴取(05/23)

政府、ネパールとの貿易拡大で覚書締結へ(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン