商業省、燃料価格上限の設定維持へ

カンボジアのパン・ソラサック商業相は、ガソリンの小売価格に対する上限設定を維持していく方針を示した。複数の地元紙が伝えた。

商業省によると、国内のガソリン消費量の割合は、レギュラーと軽油が85%、プレミアムが残り15%。政府はプレミアムガソリンには上限を設けていない。

商業省による最新の燃料価格改定によると、1リットル当たりの価格はレギュラーが4,150リエル(約111円)と50リエル値上げし、軽油が4,000リエルと100リエル引き上げた。新価格は21日まで適用する。

カンボジアは、ガソリンの国内需要の全量をタイ、中国などから輸入する。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

縫製・港湾が増益確保 18年1~3月期、3社は不振(05/28)

火力発電事業など閣議承認、13.5億ドル規模(05/28)

全産業適用の最低賃金法、草案が閣議承認(05/28)

建設労働者の社会保障、企業に加入呼び掛け(05/28)

縫製協会とシンガ企業、太陽光発電で提携(05/28)

国際金融公社、持続可能農業の仕組み構築へ(05/28)

喫煙関連治療に1.6億ドル、保健省が警鐘(05/28)

アンコールワット、遺跡部門で2年連続首位(05/28)

【予定】28日 ILO年次総会ほか(05/28)

【人事】薬王堂副社長に西郷喜代子氏ほか(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン