• 印刷する

テイクオフ:総選挙の投開票日に当た…

総選挙の投開票日に当たる先週9日は、地元ジョホール州で過ごした。町では、投票を済ませた有権者に対し、無料で食事や飲み物を振る舞う飲食店が数店あり、にぎわっていた。マレーシアでは投票を終えるとインクで指を染める。無料サービスを決めた店では、インクの付いた指を見せると無料になる仕組みだった。

勝敗にかかわらず、新たな時代の誕生に期待を寄せる有権者らを盛り立てる、店主の粋なはからい、だと信じていた。だが、昼食を取っている際、ひとりの女性が来店し、「なぜ、この店は無料にしないの?もはやトレンドよ!」と怒鳴ったのだ。

店主が玄関口まで女性を連れて行き、丁重に来店を断っていた。無料サービスは、提供する側の良心によるもの。民度の高さが試されたのだが、この点は新政権と同様、一歩一歩なのだろう。(て)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレー半島を北上する高…(01/23)

19年の日系昇給率は4.4% NNA調査、人件費は限界水準に(01/23)

三遠南信、マレーシアで農産物プロモ(01/23)

RM=26.4円、$=4.13RM(22日)(01/23)

半導体シルテラ、自動車産業に軸足(01/23)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(351)(01/23)

包装材トミーパック、ジョ州工場稼働に期待(01/23)

環ボルネオ高速、サラワク側第1区間が完工(01/23)

サラワク州、丸太の輸出禁止を検討(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン