• 印刷する

テイクオフ:「ミンスク」と聞いて思…

「ミンスク」と聞いて思い浮かべるのは、1990年代にベトナムで活躍していた二輪車ブランドだ。甲高い排気音とともに、油の匂いが混ざった青白い煙を吐き出し走る。壊れても水に浸かっても、道ばたの修理屋でベトナム人が器用に直していた。ミンスクは旧ソ連時代、二輪車生産が盛んだった現在のベラルーシの首都名だ。

同国の経済セミナーが先日、東京で開かれた。対日経済担当のマラシコ保健相は、「二輪車や農機は昔のイメージ」と笑い、IT・電子産業を売り込む。

セミナーで中国企業の動きは、語られなかった。しかし「グレート・ストーン工業団地」の担当者に聞くと、入居34社のうち17社が中国系で、電子機器のZTEやファーウェイが進出済みだ。日本人には印象が薄い同国だが、中国企業は欧州やロシア、中国への輸出拠点として活用。現代版シルクロード「一帯一路」を着実に建設している。(遠)


関連国・地域: 中国ベトナム日本ロシア欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本支援で投資促進計画 事業環境改善を加速(10/19)

テイクオフ:福岡市で開かれた地元企…(10/19)

撮影スタジオ完備の教室開設 富士フイルムが世界初、首都に(10/19)

タダノ、海外向け部品供給センター設立(10/19)

Arinos、化粧品のネット通販開始(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊、現れる(10/19)

イオンフィナンシャル、配車アプリ四輪融資(10/19)

日本とともに保護主義反対、中国商務省(10/19)

外資規制緩和でイオンが認可、商業省(10/19)

水銀ランプの生産終了へ、パナが水俣条約に対応(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン