自爆テロに高性能爆薬使用、周到準備か

【スラバヤ共同】インドネシア・ジャワ島の東ジャワ州州都スラバヤ一帯で13~14日に起きた自爆テロを含む連続爆発で、現場や自爆テロ犯の自宅から、高性能爆薬TATP(過酸化アセトン)を使ったパイプ爆弾が発見されたことが15日、国家警察への取材で分かった。 連続爆発は3家…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

オンライン許認可制度、運用はさらに延期(20:29)

ディーゼル燃料補助金に外貨準備の使用検討(20:29)

ハラル専用のコンテナと倉庫、協会が提供へ(20:29)

テイクオフ:「腹をしまえ、腹を」と…(05/21)

観光客減で12億米ドル損失も 政府と業界、テロの影響に懸念(05/21)

19年の目標成長率は5.4~5.8%、財務相(05/21)

1~4月の税収、14%増の383.3兆ルピア(05/21)

川崎重工、ジャカルタ新事務所を開所(05/21)

日産現法、高級車インフィニティの販売停止(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン