15日指数は反落、高値圏で売り圧力

15日の台湾株式市場で加権指数は反落。終値は前日比77.66ポイント(0.71%)下落し10,874.73ポイント、売買代金は1,528億2,100万台湾元(約5,620億円)だった。 前日まで7連騰の集中市場、朝方は14日の米株高を受け買い注文先行で始まったものの、加権指数が10,978ポイントに到達…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

台湾の彰化銀行、マニラ支店を開業(18:59)

テイクオフ:夏の台湾を代表する食べ…(07/23)

スターフライヤーまず2路線で 北九州と中部から、福岡便は断念(07/23)

カー用品市場にアジアが注目 先行するタイ企業など、参入模索(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

中国本土の103社ランクイン フォーチュン500社番付(07/23)

ベトナムのフック首相、台プラ工場を視察(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

大江生医が中国で機能性商品、不動産大手と提携(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン