• 印刷する

MPTが共通ポイントサービス、8事業者と

ミャンマーの通信サービス最大手、国営ミャンマー郵電公社(MPT)は15日、国内のレストラン、コンビニエンスストア、商業施設など8事業者と提携したポイントサービス「MPTクラブ」を開始すると発表した。クラブ会員は携帯電話料金の支払いや提携事業者の店舗での購入額に応じて得たポイントを、再び携帯電話料金の支払いや各店舗での買い物に活用できるという。

MPTは、同サービスで地場8事業者と提携。コンビニエンスストアの「abcコンビニエンスストア」、スーパーの「シティマート」、飲食店の「カインカイン・チョー・トラディショナル・フードセンター」「マリーブラウン」「シュエラー・シャブシャブ・ホットポット」のほか、日用大工用品を販売する「プロ1ホームセンター」、ヤンゴン中心部の「ジャンクション・シティー」など国内6カ所で商業施設を運営する「シュエタウン・リアルエステート」、ソニーブランドなどの家電を販売する「ワイヤン・エレクトロニクス」が含まれる。

MPTの顧客は「*345#」にアクセスすれば、無料でクラブ会員になることが可能。携帯電話のトップアップ200チャット(約16円)分の購入で、1ポイントを獲得できる。

MPTはSIMの累積発行枚数ベースで4割強のトップシェアを維持しており、顧客は約2,500万人。MPTジョイントオペレーションズの雨宮俊武最高経営責任者(CEO)は、「提携先を30事業者以上に増やし、さらにサービスの付加価値を高めたい」と語った。

MPTクラブのサービス開始を発表したMPTの幹部=15日、ヤンゴン(NNA)

MPTクラブのサービス開始を発表したMPTの幹部=15日、ヤンゴン(NNA)


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

EUの制裁検討に強硬姿勢 国際協力相、ASEMで反発(10/23)

東急建設、ヤンゴン―マンダレー線で受注(10/23)

トヨタ、イノーバを発売=今年3モデル目(10/23)

難民キャンプで火災、ロヒンギャ6人死亡(10/23)

ラカイン州、帰還難民向け仮設住宅を準備(10/23)

4Gアナンダとウェーブマネーが提携(10/23)

ヤンゴン管区、車両窓ガラス着色禁止を徹底(10/23)

ミャウー遺跡の寺院、仏像11点破壊される(10/23)

武装勢力と国軍、カヤー州で衝突(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン