外資企業の6割、「労働政策が負担」

韓国経済研究院が従業員数100人以上の在韓外資企業120社を対象に調査したところ、65.0%が「労働政策が負担」と考えていることが分かった。 最も懸念される雇用創出政策として、「人件費増加」(53.3%)、「非正規職雇用制限」(21.7%)などを挙げる企業が多かった。 過去5年…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計金融・保険雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近、韓国で流行してい…(07/24)

「小確幸」トレンドの一翼に 若者の閉塞感で、働き方に変化(07/24)

自営業者の負債が14%増加、多重債務も(07/24)

ヤンゴンの4~6月FDI、3.7億ドルに(07/24)

持ち株会社の株式規制強化か、公取法改正(07/24)

東レが電池部材の新ライン稼働(07/24)

印進出を検討の韓国企業、製造業に商機(07/24)

ステンレスにAD調査、日本製など=商務省(07/24)

現代モービス、次世代車開発にAI活用(07/24)

現代自が2階建てバスを来年発売か=現地紙(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン