• 印刷する

世界の建設費ランク、香港は3位に上昇

英国の建設コンサルタント企業、ターナー&タウンゼントが発表した世界の都市別建設費の今年度ランキングで、香港はスイスのチューリヒを追い抜き、昨年の4位から3位に順位を上げた。

香港の1平方メートル当たりの平均建設費(米ドルベース)は3,704米ドル(約40万5,600円)だった。

ターナー&タウンゼントの積算士、バネッサ・チョー氏は、香港では熟練工の不足が建設費を押し上げていると指摘。今後も人件費が膨らみ、建設費はさらに上昇するとの見方を示した。建設労働者の高齢化も問題だと述べた。

チョー氏は、短期的には外国人労働者の活用が状況の改善につながる可能性があるとしたものの、若い人材を業界に呼び込む長期的な戦略が必要だとも呼び掛けた。

ランキングの対象は46都市。首位は米ニューヨーク(3,900米ドル)となり、2位はサンフランシスコ(3,737米ドル)。香港に次ぐアジア2位は東京(2,560米ドル)で、シンガポール(2,137米ドル)が続いた。


関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

双十一で高まる越境EC需要 香港が首位、販促活動の動きも(11/13)

ヤンゴン、東部のドライポートが開業(11/13)

フォングループ、貿易摩擦逆手に商機模索(11/13)

米中貿易戦、サプライチェーン再編を促進(11/13)

香港と英国、FTA視野に交渉=英高官(11/13)

船舶燃油ストレーツ、香港同業の株式取得(11/13)

日系イベント情報(11月1回目)(11/13)

徳島県が観光PR、来月から季節定期便も(11/13)

18年のマカオ旅行者、7%増と予測=観光局(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン