PTG、パーム複合施設稼働 南部で一貫生産、省エネ推進

タイの給油所2位PTGエナジーは、6月にアブラヤシの精製から食用油とバイオディーゼル燃料「B100」(BDF)の精製までを手掛ける複合施設「パームコンプレックス」を南部プラチュアプキリカン県で本格稼働させる。原料から食用油と燃料油を一貫生産する事業はタイで初めて。…

関連国・地域: タイ
関連業種: 農林・水産天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

SCG、ベトナム石化事業の出資100%に(18:05)

テイクオフ:駅の構内で、現金自動預…(05/28)

激戦EC市場に参入相次ぐ 日系が新事業を始動、撤退事例も(05/28)

アイシンが比MT生産増強へ TAP子会社化、AT部品生産も(05/28)

クロスコープ、日系賃貸オフィスを拡張(05/28)

ジャルックス、日本産の生鮮卸売市場開業へ(05/28)

タイ民間4社、比コメ入札で21万トン落札(05/28)

ゴジェック、東南ア4カ国進出に5億米ドル(05/28)

ロクスレー子会社、冷凍食品会社に6割出資(05/28)

タイポスト、EC向けシステム増強を本格化(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン