<予算案>初の宇宙機関に4千万$超拠出

オーストラリア連邦政府は、2018/19年度予算案で、初の宇宙機関を創設し、7月の発足に向け今後4年間に4,100万豪ドル(約34億円)を拠出することを明らかにした。連邦政府は、今後拡大するとみられる宇宙産業により、国内で2万人規模の雇用が創出できるとしている。 オース…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

豪オースタル、2千万ドルでセブ造船所拡張(14:58)

テイクオフ:我が家にホームステイ中…(06/20)

NSW州、給与税下限を拡大 新年度90万$に、中小企に恩恵(06/20)

NSWインフラ拠出膨大、連邦支援は減少へ(06/20)

NSW、退職ビザの海外投資家の印紙税免除(06/20)

SA予算案、黒字も低金利で借入れ拡大へ(06/20)

豪国税局、現金給与支払いの税控除認めず(06/20)

豪準備銀、追加利下げを示唆=議事録(06/20)

豪ドル10年来最低水準も、追加利下げ示唆で(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン