送電ガス料金を不当つり上げ 豪連邦、実態調査命令

オーストラリア連邦政府は15日、送電・ガス企業が法人税負担を消費者に転嫁し、不当につり上げた料金を課金しているとして、オーストラリア・エネルギー規制機関(AER)に実態調査を命じた。AERは、送電・ガス企業の税コスト算定方法を見直し、消費者に恩恵をもたらすために…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所の市営図書館に出掛…(05/28)

豪長者1位、リサイクル企一族 資産129億$で2年連続(05/28)

日本は自由で公正なTPP支持=草賀大使(05/28)

米シェブロン、社内融資で金利引き下げ(05/28)

夏期の石炭火電割合、全発電で最高の76%(05/28)

金融アドバイザー減少、9千億豪ドルに影響(05/28)

シドニーを巨大都市に!超高速鉄道敷設で(05/28)

〔政治スポットライト〕二重国籍失職議員の統一補選、7月下旬に(05/28)

豪CEO、自社成長楽観もデジタル化に困惑(05/28)

オプタス、傘下ヴァージン清算で2百人解雇(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン