• 印刷する

KPMGなど3社、クラウド会計ワイス設立

会計大手KPMGとオーストラリアの銀行大手コモンウェルス銀行(CBA)、米マイクロソフトの3社が、中小企業を対象にクラウド会計企業ワイス(Wiise)を立上げ、7月から事業を開始することが分かった。ワイスの提供するサービスは会計だけでなく、労働コスト計算なども含む。15日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

ワイスのサービスはほかに、業務予定管理や在庫管理、給与支払い、販売・マーケット管理、顧客関係管理も提供する。また、顧客はマイクロソフトの人工知能(AI)や音声認証、サイバーセキュリティー対策も利用可能だ。

ワイスのサービスは、CBA以外の他行とも連携可能だが、CBA顧客にはより多くの追加サービスを提供する。料金は機能ごとに区別されており、1カ月当たり60~200豪ドル(約5,000~1万6,511円)となる。

KPMGなど3社は、オーストラリアに進出するニュージーランドのオンライン会計ソフトウエア企業ゼロ(Xero)や競合のMYOBに対抗する。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:友人が網膜色素変性症の…(11/20)

【特集企画】業界座談会第3弾・小売り業 ブランディングをどうする?(上)(11/20)

不振のマイヤー、クリスマス商戦も救えず?(11/20)

今年のクリスマス商戦、1人平均1325$消費(11/20)

〔政治スポットライト〕APEC後、豪日の役割が重要=豪紙社説(11/20)

来年発売の日産リーフ、豪で新たな電力源に(11/20)

NT石油ガス生産、拡大には日本の投資必要(11/20)

豪産大麦にAD調査、商務省が開始(11/20)

資源リオ、WA州で大規模な銅鉱床を発見か(11/20)

〔政治スポットライト〕労働党支持率、差縮まるも依然リード(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン