医薬品輸出が20年に200億ドル 後発薬が好調も品質でリスク

インドの医薬品輸出が伸びている。過去5年間の輸出額は年平均11%で拡大。当局はジェネリック医薬品(後発薬)をけん引役に、2020年までに200億米ドル(約2兆1,800億円)を突破すると予測する。インド製の医薬品の強みは、欧米に比べ3~4割安い生産コスト。一方で、最大の輸出…

関連国・地域: インド米国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドの政権はタマネギ…(09/19)

EV設備、売り込みに熱気 再エネ展示会に日系10社出展(09/19)

現代のEVコナ、来年7月にインドで発売(09/19)

達邦が生産増強、印工場は20年下期に量産へ(09/19)

消費者委、サービス不備でタタ自に返金命令(09/19)

配車オラ、中国の投資ファンドから資金調達(09/19)

インド航空局、スリランカで空港開発(09/19)

Rコムが通信事業から撤退、不動産に注力(09/19)

インフォシス、米同業に150万ドル追加出資(09/19)

【予定】19日 日銀総裁会見ほか(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン