テイクオフ:海岸を見ながら南下する…

海岸を見ながら南下する列車に揺られて約2時間。地震から約3カ月が過ぎた花蓮の町に降り立った。駅前の商店街は既に地震から立ち直り、平常営業のよう。そのうちの1軒から自転車を借り、早速町へ繰り出した。

花蓮は素朴な商店街が多いが、一歩路地を入ればおしゃれなカフェがある。店をのぞけば、3人のご婦人がおしゃべりに興じ、平穏そのもの。カフェを経営する女性店主は「地震の時は棚にあったカップや皿が全部落ちて大変だった。やっと穏やかな日々が戻ってきた」と振り返る。彼女の声から日常を取り戻した喜びが伝わってくる。損壊した建物などはすっかり修復されたようだが、人々の心の復興もちゃんと進んでいるのだろうか。

町の空気を感じながらの自転車探訪は楽しく、時間を忘れてしまうほど。だが坂道が多く悲しいかな、1日遅れの筋肉痛で自分の年齢を知ることになった。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本企業への就職を希望…(05/28)

日本企業、台湾人材の採用強化 語学・理系に注目、パソナJOB博(05/28)

華新科技総経理、MLCC需要「10年で10倍」(05/28)

研華董事長、IoT注力で好業績予測(05/28)

中鋼の3Q鋼材価格、平均1.9%引き上げ(05/28)

注射剤の康友、インドネシアで登録許可証取得(05/28)

衛福部、看護師の人員配置標準に上限設定へ(05/28)

中裕新薬、HIV治療薬の米国内販売拡大に期待(05/28)

海外航空18社が地名表記修正、民航局要求(05/28)

高雄205兵器工場移転計画、内政部が認可(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン