中文大、甲殻類アレルギーワクチンを開発

香港中文大学医学院の研究チームは、甲殻類アレルギーを予防・治療するワクチンを開発した。1回の注射でアレルギー反応を6カ月から1年間、抑えることができる。2年後の臨床試験開始を目指す。大公報が伝えた。 チームは2011年に研究に着手し、低刺激性アレルゲン「MEM49」…

関連国・地域: 香港
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

利豊、サプライチェーンで中国離れ加速(03/22)

長和の李会長、初の決算会見 大湾区に関心、不動産にも言及(03/22)

長和系3社の18年本決算、CKIは2%増益(03/22)

2月のCPI上昇率、2.1%に鈍化(03/22)

ヘンダーソンの李兆基氏、5月会長退任へ(03/22)

ヘンダーソン、今年は住宅1900戸発売(03/22)

民間住宅の空室率、5年ぶり4%台に(03/22)

テンセントの18年決算、純利益は10%増(03/22)

TVBが上場来初の赤字、本業は堅調(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン