• 印刷する

日産現法の中期戦略、ディーラー数を2倍に

インドネシア日産自動車(NMI)は14日、国内の顧客に向けたサービスの質を高めるための新たな中期戦略を発表した。まずは向こう5年でディーラー数を2倍に増やすなどの目標を掲げている。

NMIの小糸栄偉知(こいと・えいいち)社長は「インドネシアの顧客にとって『日産とは何か』をあらためて定義するための包括的な戦略」と説明。「革新的な製品や技術の提供、サービスの向上に注力していく」と語った。

アラン副社長(販売・ネットワーク担当)は、今後は販売やアフターサービスを強化すると発言。特に、複数の車両を所有する法人顧客(フリートカスタマー)がより良いサービスを享受できることを目指し、法人顧客向けの販売・アフターサービス拠点「日産ビジネス・センター」を設立する計画を明らかにした。

NMIは向こう5年の中期戦略として、ディーラー数を2倍に増やし、アフターサービスを強化する(同社提供)

NMIは向こう5年の中期戦略として、ディーラー数を2倍に増やし、アフターサービスを強化する(同社提供)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「2018年の新作、ク…(10/23)

スズキ、22年に輸出840億円 四輪・二輪ともに国内の体制強化(10/23)

来年の首都最低賃金、州労働局8%増に準拠(10/23)

日系出資発電所に官民で13億ドルの協調融資(10/23)

日本政府、MRT工事で700億円供与へ(10/23)

首都、MRT事業に22億円の補助金を計上へ(10/23)

ユーロカーズ、26日にサービス施設を正式開所(10/23)

BNI、汚職事件のメイカルタへの融資停止(10/23)

インフラ6案件に非政府予算で30億ドル調達(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン