株価反落、シングテルは0.8%安

14日のシンガポールの株式相場は反落。ST指数の終値は前日比7.71ポイント(0.22%)安の3,562.46。売買高は15億600万株、売買代金は10億1,400万Sドル(約831億円)だった。値上がり銘柄は225で、値下がりは224。 通信・金融銘柄が下げを主導した。個別銘柄では、通信最大手シン…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール人の知人か…(10/22)

EVFTAの妥結へ一歩前進 EU、東南アとの協定拡大に本腰(10/22)

新興企業との連携スペース開所 独インフィニオン、本国含め世界初(10/22)

EUとFTAに調印、貿易・投資促進に期待(10/22)

リー首相、ベルギーで安倍首相と首脳会談(10/22)

南シナ海問題で協力、ASEAN拡大国防相会議(10/22)

空飛ぶタクシー、来年に都市部の試験飛行(10/22)

UBS幹部、本土で拘束か=出張回避も(10/22)

C4NGP開所、次世代の港湾管理を研究(10/22)

ラザダの宅配、セブン店舗で受け取り可能に(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン