• 印刷する

ユニクロ、東南ア最大の旗艦店を今秋開業

ファーストリテイリングは14日、東南アジア最大級となる「ユニクロ」のグローバル旗艦店を、マニラ首都圏マカティ市に、今秋開業すると発表した。グローバル旗艦店は世界で15店目。東南アジアではシンガポールに続く2店目となる。フィリピンと東南アジア事業を強化する狙いがある。

マカティ市の商業施設グロリエッタ5内にオープンする。売り場面積は約4,100平方メートルで、シンガポール・オーチャードロードのグローバル旗艦店の2,700平方メートルを上回る。メンズ、ウィメンズ、キッズとベビーの全ラインアップを幅広くそろえ、大型ディスプレイをはじめ最新のデザインコンセプトを活かした購買体験を提供。世界中のグローバル旗艦店と並び、より多くの人々にユニクロが提供する服とサービスのコンセプトを伝える情報発信拠点として活用していく。

ユニクロ東南アジア・オセアニアの果瀬聡最高経営責任者(CEO)は声明で、「この店舗を通じて、フィリピンの優れたライフスタイル、文化、前向きな姿勢などを、世界中の顧客と共有できることを、心待ちにしている」とコメントした。

ユニクロは2012年にフィリピンに進出。現在は、改装のため休業中のグロリエッタ店を含め、フィリピン全土に48店舗を展開している。今月25日にミンダナオ地方ジェネラルサントス市のショッピングモール「SMシティー・ジェネラル・サントス」にオープン予定の店舗が、フィリピン49店舗目、グローバル旗艦店が50店舗目となる。

ユニクロは日本に3店、中国と米国に各2店、香港、台湾、韓国、英国、フランス、ドイツ、シンガポールにそれぞれ1店のグローバル旗艦店を展開している。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 繊維小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:国民の80%がカトリッ…(04/22)

政府、対中批判沈静化に苦慮 中間選前に「争点化」避ける(04/22)

3月の国際収支、黒字6.3億ドルに拡大(04/22)

内国歳入庁、外国人就労者の税務調査に本腰(04/22)

2月卸売物価3.2%上昇、5カ月連続で減速(04/22)

PEZA、住宅含む総合的な経済特区開発へ(04/22)

塩ビ管ネルテックス、地熱エネ利用で契約(04/22)

ロペス財閥の持ち株会社、18年は39%増益(04/22)

17日為替:$1=51.765ペソ(04/22)

外国人証券運用、3月は7.4億ドル売り越し(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン