• 印刷する

列車の混雑状況が把握可能に、新システムで

シンガポールのMRT(地下鉄・高架鉄道)で14日から、到着前の列車の混雑状況がリアルタイムに把握できるシステムの試験導入が始まった。これにより、乗客はすいている車両を選んで乗車することが可能になる。陸上交通庁(LTA)が公式フェイスブックで明らかにした。

新システム「PLIS」は、駅のプラットホームの液晶モニターに、次に到着する列車の車両ごとの混雑度を緑、黄、赤の3色で表すもの。緑は「すいていて、座れる可能性が高い」、黄は「座れる可能性は低いが、それほど混んではいない」、赤は「混んでいて、座席は満席」を意味する。

同システムは半年間にわたってダウンタウン線で試験導入される。その間に効果の検証や微調整などを行い、他の路線にも広げていくかを決める方針だ。

まず14日朝にはダウンタウン駅のプラットホームにPLISのモニターがお目見えした。同日夜にはブギス―チャイナタウン間の5駅に設置され、来週にかけてダウンタウン線の全34駅に登場する予定。

列車の混雑状況がリアルタイムに把握できるシステムは、東京のJR山手線ですでに導入されている。スマートフォンのアプリ「山手線トレインネット」上に、車両ごとの混雑度や車内温度が表示される仕組み。

プラットホームの液晶モニターに、車両ごとの混雑度が緑、黄、赤の3色で表示される(LTA提供)

プラットホームの液晶モニターに、車両ごとの混雑度が緑、黄、赤の3色で表示される(LTA提供)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

リーガル不動産、海外初拠点設立へ(12/13)

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(12/13)

新規車両登録、4カ月連続マイナス成長(12/13)

今年のIPO市場、不動産投信が大半(12/13)

セレター空港、新施設追い風に ビジネスジェットで存在感(上)(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

NTT、3カ国間の海底ケーブル敷設(12/13)

小売業売上高、9カ月連続マイナス成長(12/13)

3Q雇用増加数を下方修正、サービス業低下(12/13)

働きやすい会社、1位はグーグル=米社調査(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン